不潔やにきび跡などを押し隠すために必要なのがコンシーラーですよね。以前はスティックタイプを使っていました。スティック仲間は手段が汚れないので便利ですよね。でも今はKanebo(カネボウ)のマスメディアのコンシーラーを使っています。多分、お額が手ごろだったのと、安心のカネボウの魅力に惹かれて購入したのだと思います。色あいはランプベージュにしました。人肌の色あいが白いので大して濃いコンシーラーだと困りますから。気になるのはどれぐらい気になる近辺をカバーして得るかということですね。こういう品物は指先で塗っているのですが、完全に不潔が無くなるという感じではありません。もちろん不潔の色あいの濃さにも因るでしょう。ですが、それだけにナチュラル感じに薄くなってくれるので、不潔が気になる感じにはなりません。全然厚塗りしてもそこが目立ってしまって逆影響だと思うので、気になる部分に薄くコンシーラーでベールをかけてやる直感だ。UPもいいですし、使い雰囲気は悪くありません。悩みを解消してくれたのはノーノースメルです。